札幌市で交通事故、スポーツ障害でお困りの方はまことスポーツ整骨院へ

オスグッド病

オスグッド病の特徴と症状

  • オスグッド・シュラッター病(又はオスグッド・シュラッテル病)が正式名称。
  • 膝のお皿の下5pくらいのところにある出っ張り(脛骨粗面)が、更に出っ張ってくる。
  • 膝の屈伸などで痛むことが多い。
  • 患部に触れるとかなりの激痛を伴う。
  • 昔は成長痛の一種と考えられてきたが、現在ではスポーツ障害となっている。
  • 特にサッカー、バスケット、バレーボールなど下半身を酷使するスポーツに多いと言われている。

整形外科で行う一般的なオスグッド病治療

  • 基本的に“安静”で、保存療法が原則。
  • 急性期は冷湿布、鎮痛剤、消炎剤。
  • 慢性期は温熱療法、鎮痛剤、テーピング、マッサージ、筋トレなど。
  • 特に大腿四頭筋のストレッチ。
  • サポーターやオスグッドバンドによる固定。

整体やカイロプラクティックで行う一般的なオスグッド病施術

  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する。
  • 縮んでいる筋肉を緩める。
  • リンパの流れを改善する。
  • 太もも前部のストレッチやマッサージ、筋トレなど。

当院で行っているオスグッド病施術

道内各地にお住まいの、オスグッド病で悩んでいる患者さんが多数来院されています。
積極的に患部を矯正することによって、数回〜10回前後で完治できているケースがほとんどです。
早期に回復させ、なるべく短期間でスポーツに復帰できるように目指しています。

 

太もも全部のストレッチを指導されることが多いと思います。
オスグッド病発症前であれば、予防としてとても効果があると思いますが、
発症してしまってからでは意味がなく、逆に痛みを訴える子もいます。

 

また重症例で、病院で骨が剥がれかかっていると言われた場合でも、
当院の施術で効果が出ています。一度施術を受けてみることをお勧めします。



ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール 施術料金 こんな症状に よくある質問 地図・アクセス