札幌市で交通事故、スポーツ障害でお困りの方はまことスポーツ整骨院へ

腰痛(ぎっくり腰)

 

腰痛(ぎっくり腰)

腰痛(ぎっくり腰)の特徴と症状

突然何らかのきっかけによって痛み出す腰痛を“ぎっくり腰”と言います。
“急性腰痛”、“腰椎捻挫”、“腰部捻挫”、これらも全て同じ意味です。
※寝ている時など、自分で原因が分からないうちに
ぎっくり腰になっている方も稀にいます。

 

ひと言で腰痛と言っても、痛みの部位は人それぞれです。
背骨が痛い、腰の筋肉が痛い、骨盤が痛い、お尻が痛い、腰の関節が痛い…。
また疲労の蓄積によって痛いのか、ぶつけて痛いのか、重い物を持って傷めたのか、原因もそれぞれです。
また痛みの種類も人によってそれぞれです。刺すような痛み、抜けそうな痛み、突っ張るような痛み…。
「どの部位を、どのようにして」傷めたのか、腰痛の治療はそこが重要になってきます。

 

腰痛は放っておくと、慢性腰痛になったり、椎間板症やヘルニアなどの重症に移行する場合も考えられます。
痛くなったら、早めに治療しておくことをおすすめします。

整形外科で行う一般的な腰痛治療

  • 基本的に“安静”で、保存療法が原則。
  • 急性期は冷湿布、鎮痛剤、消炎剤、コルセットや骨盤ベルトによる固定。
  • 慢性期は温熱療法、鎮痛剤、テーピング、ストレッチ、マッサージ、筋トレなど。
  • リハビリで腰痛体操などを指導されることも。

整体やカイロプラクティックなどで行う一般的な腰痛施術

  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する。
  • ストレッチやマッサージで筋肉を緩める。
  • リンパの流れを改善する。
  • 筋トレ。

当院で行っている腰痛の施術

慢性、急性問わず多くの腰痛患者さんが来院されています。
損傷している部位の筋膜やスジを矯正して、早期かつ根本的な改善を目指しています。
痛くなった直後からすぐに施術を行えます。ぎっくり腰でも安静にしておく必要はありません。
来院するまで大変だと思いますが、何とかして来てください。
施術の効果は、すぐにその場で感じられると思います。
なるべく早く仕事やスポーツに復帰できるように努めています。

 

急性腰痛になってしまった場合は、
絶対に温めてはいけません。
急激に悪化する可能性があるので気をつけてください。



ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール 施術料金 こんな症状に 交通事故の方 スポーツ別 よくある質問 地図・アクセス