札幌市で交通事故、スポーツ障害でお困りの方はまことスポーツ整骨院へ

野球肩

野球肩の特徴と症状

  • ベースボールショルダー、リトルリーグ肩とも呼ばれる。
  • 10〜15歳の少年野球で多くみられる。
  • 原因は、オーバーユース(使い過ぎ)や投球フォームと言われている。
  • 症状は、投球時の痛みと可動域制限(腕が挙がらないなど)。
  • 重症例では、疲労骨折(骨端線離開)となる。

整形外科で行う一般的な野球肩治療

  • 運動の即中止。
  • ステロイド注射などで炎症を抑える。
  • 温熱療法や冷却療法。
  • 鎮痛剤、抗炎症薬。
  • ストレッチやマッサージ、筋トレなど。

整体やカイロプラクティックで行う一般的な野球肩施術

  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する。
  • 縮んでいる筋肉を緩める。
  • リンパの流れを改善する。
  • 肩周囲の筋肉のストレッチやマッサージ、筋トレなど。

当院で行っている野球肩施術

積極的に患部を矯正することによって、痛みを取り除き、
早期にスポーツに復帰させるように努めています。
実際にその場で投球(もしくは投球動作)をしてもらって、施術していきます。
最初は負荷なしで投球動作をして痛むか?次はタオルなどを振ってもらって痛むか?
出来れば最後は実際にボールを思い切り投げて痛むか?をやってもらって施術していきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール 施術料金 こんな症状に よくある質問 地図・アクセス