札幌市で交通事故、スポーツ障害でお困りの方はまことスポーツ整骨院へ

突き指

突き指(指の捻挫)の特徴と症状

  • “突き指”というのは通称で、正確には指関節の捻挫。
  • バレーボールや、バスケットボールで多く発症する。
  • 指は指先から3つ(親指は2つ)の関節がある。
  • 突き指になったら引っ張れば治るという都市伝説があるが、治ることもありますが、治らないことの方が多いのでやめた方が良い。
  • 靭帯損傷や腱断裂などを伴うことも多いので、腫れが酷い場合は一度病院で診てもらう方が良い。

整形外科で行う一般的な突き指(指の捻挫)治療

  • 基本的に“安静”で、保存療法が原則。
  • 急性期は冷湿布などによるアイシング。
  • 慢性期は温熱療法など。
  • サポーターや包帯、テーピングによる固定。

整体やカイロプラクティックで行う一般的な突き指(指の捻挫)施術

  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する。
  • 縮んでいる筋肉を緩める。
  • リンパの流れを改善する。
  • 指を引っ張る、筋トレやストレッチなど。

当院で行っている突き指(指の捻挫)施術

当院では、バレーボールやバスケットボールをやっている学生さんなどで多くみられますが、
体育の授業中に人に踏まれて負傷した子や、ボーリングをしていて傷めた人など老若男女問わずみられます。
患部を矯正することで、一回の施術で、痛みはかなり軽減されることがほとんどです。
痛みは比較的すぐに取れますが、違和感を取るために数回通院していただくことが多いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール 施術料金 こんな症状に よくある質問 地図・アクセス