札幌市で交通事故、スポーツ障害でお困りの方はまことスポーツ整骨院へ

シンスプリント

シンスプリントの特徴と症状

  • 脛骨過労性(疲労性)骨膜炎とも呼ばれる。
  • スネの骨の中心より内側で、下1/3に激しい痛み。
  • 陸上競技、特に長距離ランナーに多い。
  • 患部に触れると激痛を伴う。走ったりすると痛み。
  • 悪化すると、“疲労骨折”になってしまう恐れがある。
  • 偏平足など足のアーチも誘因となると言われている。

整形外科で行う一般的なシンスプリント治療

  • 基本的に“安静”で、保存療法が原則。
  • 運動は絶対に“ドクターストップ”となる。
  • 急性期は冷湿布、鎮痛剤、消炎剤。
  • 慢性期は温熱療法、鎮痛剤、テーピング、マッサージ、筋トレなど。
  • スネ周囲の筋肉のストレッチなど。

整体やカイロプラクティックで行う一般的なシンスプリント施術

  • 骨盤や背骨の歪みを矯正する。
  • 縮んでいる筋肉を緩める。
  • リンパの流れを改善する。
  • スネ周囲の筋肉のストレッチやマッサージ、筋トレなど。

当院で行っているシンスプリント施術

損傷した骨膜を積極的に矯正して、早期かつ根本的な回復を目指します。
基本的に運動は中止しないで治すことを目標にしています。
シンスプリントは微少な損傷の積み重ねで発生するので、数回の施術が必要ですが、
効果は、施術後すぐに実感できると思います。
何とか運動を休まずに治したい!という方は是非ご相談ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール 施術料金 こんな症状に よくある質問 地図・アクセス